Media&Blog

業界最高水準のDL数を誇る瞑想・マインドフルネスアプリを運営するRelook株式会社のグループ会社化に関するお知らせ

ARETECO HOLDINGS

Relook株式会社のグループ会社化で、瞑想アプリユーザー数No.1を実現し、睡眠課題の根本的解決やメンタルヘルス改善を通して、日本のQOL向上に貢献していきます。


WEBマーケティング新規事業創造会社である株式会社ARETECO HOLDINGS(本社:東京都文京区、代表取締役:高木 健作、以下「当社」)は、5月7日開催の取締役会において、Relook株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:熊谷祐、以下「Relook社」)の株式取得により、同社をグループ会社化することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

【本件のポイント】

  • DL数8.5万人以上の「Relook」を瞑想・マインドフルネスアプリでユーザー数No.1を狙う
  • 根本的な睡眠課題の解決策やメンタルヘルス改善としてRelookを提案しリーチを拡大
  • 当社のコアコンピタンスであるマーケティングドリブンの人材育成・事業展開によりRelook社をインキュベート。日本におけるマインドフルネス市場の拡大とQOL向上に貢献

◆ 背景

現在日本では一般成人の約21%、つまり約2,000万人の人が不眠などの睡眠障害で悩んでいると推計されています。(※1)しかし睡眠障害がある一方で、半数の1,000万人以上が睡眠薬などの服薬に対してマイナスイメージや抵抗感を持っています。(※2)

このような社会背景のもと、昨今薬に頼らない根本的な睡眠課題の解決策の1つとして「瞑想」に関心が集まっています。アメリカ睡眠医学会が発表した研究によると、不眠症といった病気を抱える人が「瞑想」によって、睡眠効率、睡眠の質、気分の落ち込みなどを改善できたことが実証されております。(※3)

厚生労働省 平成29年「国民健康・栄養調査」より

日本調剤『シニア世代の服薬の実態と意識より』

また近年、改正労働安全衛生法によるストレスチェック導入義務化の流れの中で、企業でも、働く人の健康、特に「メンタルヘルス」が注目されています。そして「瞑想」は睡眠課題の解決だけではなく、仕事への悩みやストレスの軽減、パフォーマンス向上など、このメンタルヘルス領域においても高い効果があると期待されております。調査では瞑想習慣のある人は、ない人に比べてワーク・エンゲイジメント(働く人がどれだけ活き活きとしているかを測定する概念)や仕事のパフォーマンス・満足度が高い傾向があると実証され、米国科学誌においても注目されております。(※4)

この睡眠課題の根本的解決・メンタルヘルス改善が期待されるマインドフルネス市場は、既に米国では2016年に約1200億円の市場規模があり、毎年約11%の平均成長率を誇り、2022年には2000億円を突破すると予想されています。Google、インテル、Facebook、マッキンゼーなど22%の企業が何らかのマインドフルネスプログラムを導入しているなど世界各地で認知が進んでおります。(※5)

その流れを加速する動きとして、昨今最先端のテクノロジーを活用して心の健康や幸福を実現するマインドフルネス『トランステック(Transformative technology)』という新たなテック領域が生まれました。このトランステック領域は投資家たちの熱い視線を集め、その市場規模は3兆ドルにも及ぶとされています。

実際に瞑想とメンタルヘルスに特化したスタートアップ「Calm」が2019年2月に8800万ドル(約90億円)を調達、初心者向けの瞑想アプリ「Headspace」が総額7500万ドル(約80億円)を調達するなど、トランステック領域のスタートアップは合わせて16億ドルの資金調達を実行しており、ここ1〜2年の間に投資が過熱していることがわかります。(※6)

(※1)厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」より
(※2)平成27年9月15日付「日本調剤・自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』」より
(※3)DIAMOND online 「すぐ眠るためのマインドフルネス・入門編」より
(※4)Campus for H調べ「日本初、「瞑想習慣がある人ほど仕事のパフォーマンスが高いと自覚している」ことを実証」より
(※5)Relook社調べ「マインドフルネス市場の現状と今後の考察について」より
(※6)TransTech lab 調べ

◆ Relook社について

<瞑想・マインドフルネスアプリ「Relook」の特徴>

DL数推移

<「Relook」のアプリダウンロード数の推移(2019年4月リリース〜2020年4月現在)>

この度、グループ会社となるRelook社は、心のトリセツ研究所代表で現役精神科医・医学博士である藤井英雄氏に監修をしていただき、業界最高水準のユーザー数(8.5万人)を有する瞑想・マインドフルネスアプリを運営して参りました。またビジネスパーソンや企業様向けにマインドフルネスの研修事業を展開しております。

当社はこれまで「世界の需要と供給をつなぐ」というミッションのもと、様々な事業会社支援・インキュベート投資・新規事業立ち上げを行って参りました。その中で、米国では浸透しつつあるものの、日本ではまだ一般的となっていない瞑想アプリ含めたマインドフルネス・トランステックの可能性に着目。

当社のコアコンピタンスであるマーケティングドリブンの事業展開・人材育成により、Relook社をインキュベートすることで業界No.1の瞑想・マインドフルネスアプリとしての地位を確立いたします。

そして当社のビジョンとして掲げている時価総額1兆円企業実現に向けて、2030年までに営業利益250億円を目指し、日本におけるマインドフルネス市場の拡大とQOL向上に貢献していきます。

◆ 新役員体制

なお、株式効力発生予定日である2020年5月18日に、役員体制を以下に変更いたします。

新役職名氏名
代表取締役CEO熊谷 祐
取締役CTO沼田 洋太
社外取締役高木 健作
非常勤監査役室木 達哉

◆ 日程

内容日程
株式譲渡契約・株式契約締結2020年5月15日
株式の一部取得2020年5月18日
株式効力発生予定日2020年5月18日

■ ARETECO HOLDINGS 会社概要

社名: 株式会社ARETECO HOLDINGS
代表者:代表取締役 高木 健作
URL:https://areteco.com/
本社:東京都文京区本郷1-11-6 東接本郷ビル6F,7F(受付7F)
設立:2016年11月
資本金:1500万円(2020年6月時点)
事業内容:

  • 広告代理事業:インターネット広告の企画・制作・運用
  • マーケティング人材教育事業:1ヶ月集中で優秀なマーケターへ育成する「CMO BANK」の運営
  • メディア事業:Instagramで50万人を超えるフォロワーを持つ美容メディア「shabon」の運営
  • 新規事業創造・インキュベート事業:ARETECOの未来を担う新規事業の立ち上げ・支援
  • ベンチャー支援・投資事業:新しい価値を生み出す企業に対し当社の強みを活かしたマーケティング支援・投資

■ Relook社 会社概要

社名:Relook(リルック)株式会社
代表者:代表取締役 CEO 熊谷 祐
URL:https://www.relook.jp/
本社:東京都渋谷区道玄坂 1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル1階
設立:2019年2月15日
資本金:300万円
事業内容:

  • 瞑想マインドフルネスアプリ『Relook』の企画・開発・運営
  • マインドフルネスの研修事業

このニュースに関するお問い合わせ
会社名:株式会社ARETECO HOLDINGS
所在地:東京都文京区本郷1-11-6 東接本郷ビル7階
サイト:https://areteco.com/
一覧に戻る